エンジン&マシーン・クリーナー (Engine & Machine Cleaner)

RedEye Tracking PixelRedEye Tracking Pixel

Real life results #autoglym

エンジン、部品、工具や機械を素早くクリーニング

エンジンは鼓動する心臓のように、車の中心的存在。しかし、よく見過ごされる部分でもあります。Autoglym エンジン&マシーン・クリーナー (Engine & Machine Cleaner) をご使用になると、エンジンのクリーニングはそれほど難しくありません。水性の製品で油やグリース、汚れを分解し美しいエンジンを実現します。

専門家からのヒント: 専門家からのヒント:クリーニング後、ビニール&ラバー・ケア (Vinyl & Rubber Care) でドレッシングし、ボンネットにサテン調の輝きを

ご使用方法

  1. エンジンは必ず冷ましてから作業します。壊れやすい部分は、ラップや防水テープで保護してください。メッキした金属の場合は、小さな部分で試験してからご使用ください。また、磨きのかかった合金仕上げの部分には使用しないでください。
  2. たっぷりかけて、表面をブラシでこすります。
  3. 下部からホースで水をかけると、清潔で美しい表面が現れます。クリーナーが乾燥しないようにします。エアインテイクや故障しやすい電気系統は水で濡らさないようにしてください。また、高圧洗浄機はご使用にならないでください。
  4. クリーニング後は、まだ表面が濡れている間に、ビニール&ラバー・ケア (Vinyl & Rubber Care) をスプレーし、乾燥させてください。これですべてのプラスチックやゴム製部品が新品のような美しさになります。

よくある質問

Q: エンジン&マシーン・クリーナー (Engine & Machine Cleaner) は、ぬるま湯でも使用できますか?
A: エンジン&マシーン・クリーナー (Engine & Machine Cleaner) は、冷たい水でのご使用をおすすめします。高温の表面で洗浄液がすぐに乾いてしまうことを防ぐために、エンジンは必ず冷めた状態でクリーニングしてください。クリーニング後は、完全に水ですすぎ落としてください。

Q: エンジン&マシーン・クリーナー (Engine & Machine Cleaner) は、エンジンのプラスチック製やゴム製部分にも使用できますか?
A: はい。エンジン&マシーン・クリーナー (Engine & Machine Cleaner) は、スプレー、ブラッシング、ホースで洗い流すだけ、という非常に簡単便利な作業により、すべての金属製やプラスチック・ゴム製のエンジン部品や周辺の塗装部分をクリーニングできます。

安全データシート

pdf icon

エンジン&マシーン・クリーナー (Engine & Machine Cleaner)

pdf icon

エンジン&マシーン・クリーナー (Engine & Machine Cleaner) 洗浄剤